青黒いクマはどうすれば消えるのでしょう? 青黒いクマは、血行不良によっても酸素不足に陥って黒ずんでしまった血液が薄い目の下の皮膚から透けて見えている状態です。 疲れていたり、体調が悪かったり、寝不足だったりすると、血行が悪くなって、青黒いクマができてしまうでしょう。 また、ちょっと意外なところでは、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)や肩こり、眼精疲労も青黒いクマができる原因になります。 つまり、血行不良になりそうなことは全て青黒いクマの原因になってしまうわけですね。 逆にいえば、血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を改善すれば、青黒いクマも消すことができます。 応急処置的な方法で青黒いクマを消すためには、ホットタオルなどで目の周辺を温めたり、ツボ押しやマッサージで目の周辺の血行を良くするのがお勧めです。 でも、できたら、疲れやストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)を溜め込まないようにして、お風呂に浸かって体を温めて十分に睡眠をとり、根本的な解決を目指すようにしましょう。 それに、食生活(洋食よりも和食の方が健康にいいといわれていますね)を改善したり、体を冷やさないようにすることも、青黒いクマを消すことに繋がりますー